Windows10の大型更新は年1回に変更

従来、Windows10の大型更新は年2回(春と秋)でしたが、2022年からは年1回に変更となったようです。現在の最新版は「21H2」ですが、次回は「22H1」は無くて、「22H2」になります。(おそらく秋)
よって、今春の大型更新はありません。
おそらく、Windows11の更新が年1回のようなので、それに合わせたのかもしれません。
いずれにしましても、Winodows10の大型更新のたびにトラブルに見舞われたリスクが減った(?)ということは、利用者の私たちにとってはうれしいかもしれません。
なお、マイナー更新はこれまで通り月1回、セキュリティ定義データの更新は日常というタイミングはかわらないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。